★★★★☆

【無料あり】「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」のあらすじ・感想。食べ物とまごころの力を教えてくれる良作!【ネタバレ】

今回取り上げる映画は
「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」

アンパンマン映画では
これまでありそうでなかった、
「食べ物の力」を重要なモチーフとした
作品になっています。

【31日無料】
「ココリンと奇跡の星」をU-NEXTで観る

「すくえ!ココリンと奇跡の星」のあらすじ・キャスト

あるお祭りの日、
クリームパンダちゃんは
ココリンという宇宙人の男の子に
さらわれてしまう。

ココリン達が住むヘンテ星は
ヘンテエネルギーという力によって
食べ物を作り出していたが、
エネルギーの枯渇のために
滅亡の危機にあった。

ココリンは星の危機を救ってくれる
ヒーローを探して、宇宙を旅していたのだ。

ジャムおじさんたちと知り合ったココリンは、
パンの作り方を勉強して
ヘンテ星の食糧危機を救おうとするが……

声の出演: 戸田恵子、中尾隆聖、松雪泰子
監督:矢野博之
上映時間: 45分

「すくえ!ココリンと奇跡の星」の感想。食べ物とまごころが物語の鍵!


(出典:©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2011)

「すくえ!ココリンと奇跡の星」が制作されたのは、
東日本大震災の発生した2011年です。

大きな被害を受けた東北のみならず
首都圏でも物流がストップし、
食べ物が手に入らない時期が続きました。

そんな背景があってか、
「すくえ!ココリンと奇跡の星」では
「食べ物」の持つ力に
フォーカスがあたっています!

本作の実質的な主役であるココリンは、
機械の作るカプセルだけを食べて生きる宇宙人。

ですので
手作りの食べ物を口にしたことがなく、
「まごころ」が理解できないんですね。

故郷のヘンテ星を食糧危機から救うため、
ジャムおじさんからパンの作り方を
教えてもらうココリン。

しかしパン作りに大切な
「まごころ」がわからないので、
失敗ばかりで投げ出してしまいます。

はたしてココリンは
ヘンテ星を救えるのでしょうか?

ちなみに、ココリンを演じるのは
女優の松雪泰子。
声優初挑戦とは思えない
好演っぷりにも注目です!

「ぼくの顔をお食べ」の究極系!アンパンマンが丸ごと食べられちゃう!?


(出典:©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2011)

「すくえ!ココリンと奇跡の星」の一番の見どころは、
アンパンマンが顔を丸ごとあげてしまうシーンです。

これだけ聞くとかなりショッキングですね……

映画後半、
凶暴化した敵に苦しめられるアンパンマンは、
食べ物の持つ「まごころ」の力で
事態を収拾しようと、
自分のからだをすべて食べさせてしまうんです!

劇場版アンパンマンの中でも
一二を争う衝撃的な場面ですが、
「それいけ!アンパンマン」で
繰り返し描かれてきた、
自己犠牲の尊さをこれ以上ない形で表現した
名シーンとも言えます。

ぜひともその目でチェックしてみてくださいね。

では、「すくえ!ココリンと奇跡の星」のおすすめポイントをまとめます!

  • 「食べ物」の力にフォーカスがあてられた作品!
  • 松雪泰子がココリン役を好演している
  • アンパンマンが顔を丸ごとあげてしまうシーンに注目

食べ物の大切さ、
まごころの大切さを教えてくれるこの映画。
お子様の食育の手助けにもぜひどうぞ!

【31日無料】
「すくえ!ココリンと奇跡の星」をU-NEXTで観る

(※U-NEXTの情報は2019年8月現在のものです。最新の配信状況は公式サイトでご確認ください。)