★★★☆☆

【ネタバレなし】「ヒックとドラゴン」のあらすじ・感想。最後まで教科書通りの凡作


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/khashikuchi/anime-eiga.jp/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

今回取り上げる映画は「ヒックとドラゴン」
ドラゴンと戦い続けるバイキングの一族に生まれた、心優しい青年の冒険物語です。

「ヒックとドラゴン」のあらすじ・キャスト

北の海に浮かぶ島・バーク島で暮らすバイキングたちは、家屋を壊し家畜をさらうドラゴンたちと争いを続けていた。
ドラゴンを殺してこそ、一人前のバイキングだと考えられていたのだ。

そんな一族に生まれた青年ヒックは、発明の腕はピカイチなものの体が弱く、父親のストイックからも心配されていた。

ある日ヒックは、自ら発明した投擲機でナイトフューリーと呼ばれるドラゴンの捕獲に成功する。
一人前のバイキングだと認められるためドラゴンにとどめを刺そうとするヒックだったが、どうしてもできない。
しっぽに傷を受け飛べなくなったナイトフューリーをトゥースと名付け、少しずつ距離を縮めていくヒック。

ヒックは次第に、ドラゴンを手なずけることが可能であることに気づき始めて……

【キャスト・基本情報】
声の出演: ジェイ・バルチェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ
日本語版声の出演: 田谷隼、田中正彦、寿美菜子
監督: ディーン・デュボア、クリス・サンダース
上映時間: 98分

ネタバレなし感想。キャラも展開もごくごく平凡なアニメ

「ヒックとドラゴン」は、特にけなすところもなければ大きく褒めるところもない、実に平均的な作品です。

落ちこぼれだけど目立った特技をもった主人公。
掟破りの友情で結ばれるドラゴン。
古い価値観で主人公を心配するあまり、対立してしまう父親。
最後に大きな働きをして、まわりの信頼を取り戻す展開……

と、最初から最後まで教科書通りと言っていいほど、意外なことが何ひとつ起こりません。
つまらない作品ではないので観て損はしませんが、わざわざ「ヒックとドラゴン」を観るべき理由が見つからないってのが本音です。
似たようなストーリーの映画はほかにいくらでもありますし。

また、ドラゴンの造形が総じて不細工すぎて好きになれない。
話の通じなさそうな目と独特の受け口……キャラクターとして不快感を催すように作られてるんでしょうか。
ブサカワではなく、ただブサイクなだけ。
アメリカの観客には受ける見た目なんでしょうか、よくわかりません。

だいぶけなしてしまいましたけど、ドラゴンがたくさん出てくるアニメなので、小さいお子さん、特に男の子は気に入るでしょう。
ストーリーは王道中の王道で、親には退屈かもしれませんが、子供にとってはわかりやすいと言えるかもね。

オリジナル版の役名を知っておくとより内容を楽しめる

「ヒックとドラゴン」の日本語版では、キャラクターの役名がオリジナルに比べてかなり改変されています。
それぞれの名前にはきちんと意味があるので、元々の名前がなんだったかを知っておくと、より楽しめるかもしれません!

では、実際に元の名前を確認してみましょう。

ヒック => ヒカップ

主人公の「ヒック」ですが、オリジナルの名前は「ヒカップ(Hiccup)」。
なんと、しゃっくりという意味です。

いかにも弱そうな名前ですね……。
ちなみに、お父さんの名前「ストイック(Stoick)」は禁欲的という意味で、いかにも強そう。
対象的な親子の様子は、名前にも表れていたんですね。

トゥース => トゥースレス

ヒックが乗るドラゴンの名前「トゥース」。
「トゥース」は英語で「歯」ですね。
ところが英語版だと「トゥースレス(Toothless)」で、「歯無し」という意味です。

ヒックが彼を最初に見つけたとき、歯が見えなかったからこの名前になったんですが……
一気に弱そうになってしまいました笑

主人公の名前がそろって弱そうってのが「ヒックとドラゴン」の大きなギャグなんですけど、日本語版ではそれがまったくわからなくなってしまってますね。

続編「2」「3」の感想記事もありますので、こちらもぜひお読みください!

【ネタバレなし】「ヒックとドラゴン2」のあらすじ・感想。主人公の成長が我が子のようにうれしくなる映画!今回取り上げる映画は「ヒックとドラゴン2」! バイキングの青年と、彼が操るドラゴンとの成長を描いた3部作のうちの第2作です。 ...
【ネタバレ】「ヒックとドラゴン3」のあらすじ・感想。ほろ苦い別れが描かれる、3部作の完結編!今回取り上げる映画は「ヒックとドラゴン3」! 2010年から続いてきた人気シリーズの完結編です。 ついに、主人公ヒックたちとドラゴン...