★★★☆☆

【無料あり】「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」のあらすじ・感想。前を向くことの大切さを訴える作品【ネタバレ】

今回取り上げる映画は
「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」

震災からの復興を引き続き裏テーマとし、
前を向くことの大切さを訴える作品です。

【31日無料】
「とばせ!希望のハンカチ」をU-NEXTで観る

「とばせ!希望のハンカチ」のあらすじ・キャスト

雲の上に住むゾウの男の子・パオ

ザジおじさんのもとで
鼻からハンカチを出して
空気をきれいにする練習をするが、
まったく上手くいかない。

練習に嫌気が差して家出したパオは
アンパンマンに出会う。

パン作りやおにぎり作り、
サーカスの芸などに挑戦するものの
すべて失敗に終わり、
パオはすっかり自信をなくす。

そんな中、
街にやってきたサーカスに対抗して
ばいきんまんが作ったゾウのロボット
「スゴイゾウ」が、
突如「ヨゴスゾウ」となって暴走。
街中をめちゃくちゃに汚してしまう。

パオは「希望のハンカチ」を出して
街を救えるのだろうか……!?

声の出演: 戸田恵子、中尾隆聖、本仮屋ユイカ、サンドウィッチマン(富澤たけし、伊達みきお)
監督:矢野博之
上映時間: 45分

「とばせ!希望のハンカチ」のネタバレあり感想


(出典:©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2013)

タイトルに含まれているとおり、
今作のテーマは希望です。

どんなことがあっても前を向くこと。
次はうまくいくかもと信じて努力すること。

うまくハンカチが出せずにしょげるパオに、
アンパンマンが優しく声をかけるシーンなどで
そんなメッセージが表現されています。

「希望」だけに、
ゲスト主人公のパオも
黄色い帽子 = きぼう
を身に着けているという徹底ぶり。

また、汚れた空気をハンカチできれいにする
という設定には、
東日本大震災で発生した
放射能汚染の除染作業
のイメージが重ねられているようです。

東北出身のお笑いコンビ
サンドウィッチマンが起用されているのも
それが理由かもしれませんね。

お話自体は「シャボン玉のプルン」とほぼ同じ

「練習に疲れた子供が家出する」
というストーリーは、
アンパンマン映画の過去作
「シャボン玉のプルン」
を思い起こさせます。

【無料あり】「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」のあらすじ・感想。自分を信じる大切さを伝えてくれる良作!【ネタバレ】今回取り上げる映画は 「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」! 「自信」と「個性」の大切さを テーマにした作品です。 ...

で、実際のところ話の筋書きも
「シャボン玉のプルン」にそっくりなんですね。

 何をやっても上手くいかない
→自信をなくす
→アンパンマンがピンチ
→突然うまくいってみんなを救う!

みたいな。

ですので、これまでの
アンパンマン映画を見てきた人には
特に目新しい部分はありません。

強いて言うなら、
パオが夜中まで練習するなど
本当に努力を積み重ねてきたことが
強調されているところが
若干の違いではありますが。

練習で失敗ばかりだったのに
本番で突然うまくいく
という筋書きは、
個人的にはちょっと納得いきません笑

まぁ、この辺は
完全に個人の好みだと思います。

ちなみに、
アンパンマンの原作者である
やなせたかしさんが
今作の公開直後に亡くなったため、
「とばせ!希望のハンカチ」が
生前最後の作品となりました。

【31日無料】
「とばせ!希望のハンカチ」をU-NEXTで観る

(※U-NEXTの情報は2019年9月現在のものです。最新の配信状況は公式サイトでご確認ください。)